FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTOROLA PHOTON ICS(CM9)での日本語フォント設定

ここのところ2ヶ月ほど、PhotonにはAndroid4.0を入れています。
使っているのはJokerSax氏のCM9beta。→ http://www.jokersax.com/
動作速度、タッチパネルのフィーリングなどなど、2.3とは大違い。
なんといっても、Wifiを純正ROM並につかんでくれるので、モバイルルーター運用がしやすい!!

とはいえ、CyanogenModを使う以上、デフォルトの「中華フォント」は避けて通れません。
当然入れ替えて使う訳ですが、CM7時代のように、/system/fontに放り込んで終わり、という訳には参りません。

/system/etcにある、fallback_fonts.xmlを編集(追記)する必要があります。
マーケットから「ESファイルエクスプローラー」をインストールし、
設定から「ルートエクスプローラー」、「ファイルシステムをマウント」にチェック。


1.適当な日本語フォントを用意し、名前を「DroidSansJapanese.ttf」にしておく

2.ESファイルエクスプローラーを使い、/systemに一旦貼り付ける。

3.長押し→メニューの下の方のプロパティ→属性を変更。rw-rw-rw- → rw-r--r--
  これをやらないと、ROMから焼き直すはめになりますので注意。
00.png01.png02.png


4.DroidSansJapanese.ttfを、/system/fontsに移動。もう一度属性をチェックすべし。

5./system/etcへ移動。fallback_fonts.xmlを長押し→開く→テキスト→ESテキストエディター

6.画像のように、DroidSansJapaneseについて記述を追加。大文字小文字など注意!!
必ず「DroidSansFallback.ttf」よりも前の行に記述する。
03.png

7.メニューボタン→保存→あとは戻って再起動。→ウマー(AA略)
スポンサーサイト

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

MOTOROLA PHOTON (ISW11M)の設定

メイン端末をMOTOROLA PHOTONへ替えました。
auから販売されているから、通信方式はCDMAとWiMAXだけかと思いきや、
どうもGSM/W-CDMAにも対応したままらしい。

そのままでは当然SIMロックがかかっていて、SoftbankのSIMを認識することはないので、
SIMロックを解除することになります。
先日のOptimus Brightのロック解除でも利用した、こちらのサイトでわずか5ユーロ。
sim unlock.net
これだけで、とりあえず通話が可能となります。

auの標準ROMのままで使用するのは、不要なプリインストールアプリが多いことと、
softbankのSMS/MMSが使用できないと常用はできないので、カスタムROMを入れることになります。

(ブートローダのアンロック、カスタムROMのインストール方法などは割愛。)

入れたのはこちら。[ALPHA ROM] CyanogenMod 7 10/12/2011
InfoLockScreen

その後、日本語フォントファイルをDroidSans Japaneseにリネームして突っ込むと、中華フォントが一発で解消。

APN設定は、普通に黒SIMのものを設定しますが、/system/etc/ppp/peers/pppd-ril.optionsにも追記します。
pppd-ril

MMSのUserAgentを偽装するのに、Yokin's Studio様の改変mms.apkへ差し替え。。
その結果、Handcent SMSにて、問題なく送受信が可能となりました。
i.softbank.jpのメール通知もOKなので、完全に実用になっています。
Handcent SMS

さらにオーバークロックカーネルを入れ、1.3GHzで常用。
きちんとDeepSleepしているようで、バッテリーライフも一日OK。
SetCPUを使い、少しだけ低電圧化も試していますが、今のところ下記設定で問題は出ていません。
Battery-infoVoltage

テーマ : Android携帯
ジャンル : 携帯電話・PHS

MOTOROLA PHOTON用の壁紙

MOTOROLA PHOTON (au ISW11M)を入手した。
初めてのqHD液晶なので、壁紙を作り直さなければならなかった。
そんなに需要は無いと思うけれど、もし気に入ったら使ってください。

Photon 壁紙2
Photon 壁紙1

あ~、それにしても良い端末だわ、これ。
相変わらずの黒SIM運用だけどねw

・・・WiMAX? ・・・はて?

テーマ : Android携帯
ジャンル : 携帯電話・PHS

docomo L-07c カスタムROM導入(1/14更新)

NTT docomo L-07C (LG Optimus bright)を入手した。
手持ちのメイン機・Motorola DEFYと同じCPUを持ち、一回り大きく美しいディスプレイを持つ。
未使用だが中古品。
保証書には、私が購入した日の前日のスタンプが・・・
SIMロックの解除はちょっと調べれば簡単にできるので、予備役のXperiaを引退させられれば・・・と考えた。

ただ、大きな落とし穴。
黒SIMでMMSが受信できない orz

いろいろ調べてみる(ググってみる)と、カスタムROMを焼けば、WiFiと引き替えにMMSが可能になるとか。
ならば、普通にやってみるしかないでしょーと。


どちらにしろ、これから書くことを一つでも実行した瞬間に保証は利かなくなる。

2chなどで情報を収集、エラーを繰り返しながら、なんとかOptimus Black用CM7をインストールできた。
Xperia SO-01Bなどと比べると、格段に難易度は高かった。
またやりたくなったときに面倒なので、備忘録としてまとめておく。

その1:root化
Xperia 2011 Easy Rooting Toolkitを使用した。
使い方は、見ればわかるでしょw
わかんない人は、この先のことは絶対無理だと思う。

その2:海外ROMを焼く
LG United Mobile Driver 3.6(探してね)をインストールしておく。
ここらへんから適当なROMをDL
   ↓
xdaのOptimus Black版・Upgrade Kit 3.6をDLして解凍する。
   ↓
WindowsEnablerを実行。タスクトレイに入るので、クリックするとマークが変わる。(フォルダ内PDF参照)
   ↓
MSXML6.0実行
   ↓
電源を落としたL-07Cを、ボリュームアップボタンを押しながら接続。(最初につないでおいておk)
しばらくすると、デバイスマネージャーのモデムにLGなんとかがあるはずなので、右クリックして無効に。
   ↓
R&D Test Tool実行。
Select Type →CDMA
PhoneMode→CS Emergency
Upgrade Test with CSMG Client→CSE web upgrade test
   ↓
Upgrade start
   ↓
Country →Different Country
Language→Japanese
   ↓
OKをクリック。L-07cが再起動したらOK。

その3:CWMインストール
UPKフォルダ内の、BlackJackを実行、rootを取る。←忘れてた・・・
UPKフォルダ内の、CWMを実行。一瞬コマンドプロンプトが出て、いつの間にか終わる。

その4:CM7インストール
L-07Cをリカバリに入れるには、PCからadbコマンドを送る必要がある。
(何かボタン押しながら起動じゃダメw)
adb.exeは、root取るときに使ったやつのフォルダにも入ってるので、
Cドライブの直下にフォルダ作って放り込んでおく。

コマンドプロンプトを起動し、そのフォルダへ移動。わからない・できない人は(ry
   ↓
adb reboot recovery
   ↓
するとCWMのメニューに入るので、フルワイプやらなにやらやった後、SDに入れておいたカスROMをインストール
   ↓
ウマー


入れた結果。
私が入れたものだと、CPUが1000MHZに張り付き、当然のように極悪燃費。
SetCPU使おうが何しようが、反応しない素敵仕様w
黒SIMでMMSが可能になるが、そのかわりにWiFiが使えなくなる。
その状態で3Gデータ通信は可能ながら、何故か非常に遅い。(100kbpsくらい?)

というわけで、とりあえず元通りのdocomoROMに戻しましたとさ。
(うそです。戻すついでに最新版V10C焼きましたw)

テーマ : Android携帯
ジャンル : 携帯電話・PHS

月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たろ~U

Author:たろ~U
写真も動画も、一緒になっちゃえば面白いと思います。
一枚の写真からは無限の可能性が・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。