FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTOROLA PHOTON (ISW11M)の設定

メイン端末をMOTOROLA PHOTONへ替えました。
auから販売されているから、通信方式はCDMAとWiMAXだけかと思いきや、
どうもGSM/W-CDMAにも対応したままらしい。

そのままでは当然SIMロックがかかっていて、SoftbankのSIMを認識することはないので、
SIMロックを解除することになります。
先日のOptimus Brightのロック解除でも利用した、こちらのサイトでわずか5ユーロ。
sim unlock.net
これだけで、とりあえず通話が可能となります。

auの標準ROMのままで使用するのは、不要なプリインストールアプリが多いことと、
softbankのSMS/MMSが使用できないと常用はできないので、カスタムROMを入れることになります。

(ブートローダのアンロック、カスタムROMのインストール方法などは割愛。)

入れたのはこちら。[ALPHA ROM] CyanogenMod 7 10/12/2011
InfoLockScreen

その後、日本語フォントファイルをDroidSans Japaneseにリネームして突っ込むと、中華フォントが一発で解消。

APN設定は、普通に黒SIMのものを設定しますが、/system/etc/ppp/peers/pppd-ril.optionsにも追記します。
pppd-ril

MMSのUserAgentを偽装するのに、Yokin's Studio様の改変mms.apkへ差し替え。。
その結果、Handcent SMSにて、問題なく送受信が可能となりました。
i.softbank.jpのメール通知もOKなので、完全に実用になっています。
Handcent SMS

さらにオーバークロックカーネルを入れ、1.3GHzで常用。
きちんとDeepSleepしているようで、バッテリーライフも一日OK。
SetCPUを使い、少しだけ低電圧化も試していますが、今のところ下記設定で問題は出ていません。
Battery-infoVoltage

テーマ : Android携帯
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たろ~U

Author:たろ~U
写真も動画も、一緒になっちゃえば面白いと思います。
一枚の写真からは無限の可能性が・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。